[6th Anniversary Week]ありがとうございました!

5月20日(水)~24日(日)の5日間にわたり開催された6周年アニバーサリーウィーク。

下野新聞様にも取り上げていただき、連日、本当にたくさんのお客様にご来店いただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

今回は何と言っても、大谷の大人気ベーカリー「The Standard Bakers」さんのお陰で、想定を遥に上回る集客に繋がりました。
こんなにも人気なのかとスタッフ一同驚きととも対応に追われ焦りまくりましたw

期間中、毎朝、大谷まで仕入れに行き、冷蔵車満載の小さなパン屋さん1軒分くらいの量を分けて頂いてきました。
自身のお店の分の他に当店のためにたくさんご準備いただき、スタッフの方々には本当に大変な思いをさせてしまい申し訳なさと、ただただ尊敬と感謝の念しかございません。
本当に毎朝早くからご対応いただきありがとうございましたm(_ _)m

そして、弊社スタッフも初めての経験だらけで、右往左往しながらも、なんとか大きな問題なく対応してくれたことに感謝します!最終日はもはや立派なパン屋さんでした🍞

なお、今後も月1回?隔週?でスタンダードベイカーズさんの出張パン屋さんは継続していきますので、今後もぜひご利用くださいませ。

ラーペロンツァのこれから

昨日、緊急事態宣言が解除され、with コロナの新たな生活様式、ニューノーマルな世の中とまったく価値観や生活スタイルが180度変わってしまった最中の7年目突入。

営業スタイルも店内飲食とテイクアウトのダブルスタンバイで対応となり、店内飲食は席数を間引いて、2m間隔をキープ。つまり今までの席数での回転率での計算がすべて覆され、新たにテイクアウトの包材などの原価計算が追加されと色々考えさせられる状況となりました。
テイクアウトでは某お弁当チェーン店などには価格面では到底戦えるわけはなく、私たちは私たちなりの価値観をテイクアウトに反映させ、お店の味、雰囲気などをしっかり添加し、お客様が喜んでいただけるお料理をご提供し続けることに徹することにしました。

緊急事態宣言が解除されましたが、第2波もすでに懸念され、もう今までの考えは捨て、新たな価値観を社内で浸透させていかなければと、今回のような企画を立ち上げ、ニューノーマルな立ち振る舞い、応対の仕方を今後徹底して行ってまいります。

「人」を「良くする」と書いて「食」。
食を通じて、お客様に美味しい料理だけでなく、元気になってほしい。幸せな気持ちになってほしい。家族の会話が弾んでほしい。
毎日が誰かの誕生日や記念日であり、そういう時にこそ、私たちの想いのこもったお料理で誰かをhappyにしたい、なっていただきたいと思います。

気が早いですが、来年、7周年もしっかり迎えられるよう、今後も日々精進しながら、1日1日を大切に営業していきたいと思います。

今後とも、応援のほどよろしくお願いいたします。

by 店主

————————————————————————————————————–

6月からの営業について

緊急事態宣言解除を受けまして、6月2日(火)~の営業につきまして下記の通り変更いたします。

OPEN
cafetime  11:00~14:30
dinnertime  17:30~21:00(L.O20:30)
take out 今後も継続いたします。

CLOSE  月曜日

————————————————————————————————————–